昔の冷凍車は、トラック動力を生み出すエンジン部分と庫内を冷やすコンプレッサーがともに同じ動力源であるものが主流でした。このため、信号や渋滞で車が止まるとエンジンの回転数減少とともに庫内の冷えの程度も弱まり、その対策としてドライアイスを使用するなど荷物に対処を加えないといけない欠点がありました。冷凍車は食品だけでなく医薬品の運搬にもが使われることがあり、品質を確保する上で温度を一定に保つことができるかどうかは非常に重要であるため、温度が下がってしまう状況は致命的であると言えます。しかしここ数年は乗用車と同じく、エンジンの回転数や停止状態を検知して、別個の外部電源で庫内温度を保つハイブリッド式のものが出ています。価格の高い新車より中古車を考えている人もいると思われますが、中古車で購入する場合には、このハイブリッド式の冷凍車を購入する方が良いです。これであれば、たとえ荷下ろしでエンジンを切ってしまっても庫内の温度を一定に保つことができ品質低下を防ぐことができます。

冷凍車についてのあれこれ。

冷凍車というのは、食料や、様々な品物を輸送するための車両として活躍しています。冷凍車というだけあって、冷蔵庫を荷台に載せたというのが、わかりやすく、イメージしやすいといえます。基本的に、断熱構造となっていて、その仕様によって温度に差がでるようになっています。しかし、商品そのものを冷やしたり、凍らせたりするものではありません。そのものの温度を保つというのが基本となります。構造に関しては複雑なものではありません。他のトラックと特に変わりはなく、冷却などのシステムが荷台に積んであるということです。しかし、車両のエンジンが止まっている状態でも、温度変化しません。今では、冷凍車を見かけない日はありません。この車両があるからこそ、毎日生鮮食品がスーパーなどに運ばれることになります。生活する上で欠かせない役割をもっています。

冷凍車のおかげで鮮度の良い商品が手に入ります

テレビので通販番組、インターネットにおける通販は、相当大きな市場を持つようになっています。お年寄りが増えたこともあり、テレビを見ながら、インターネットから、好きなものを注文する時代になりました。その注文でも、冷凍を要する商品で気軽に依頼出来る時代にもなりました。それは、保管する場所が冷凍され、運ぶ途中の車も冷凍の用意がされていることから、出来る訳です。基本的な考えとして、庫内を機械冷凍式と言う方法で冷やし、鮮度を保つ工夫がされています。その冷凍効果は、かなり向上しています。今では、アイスクリームが溶けないように、マイナス25度までも温度を下げることが、可能になっています。この冷凍車の良い所は、エンジンを停止していても、庫内の温度はキッチリと保たれるようになっています。便利な時代になりました。