• カテゴリーなし

できることとは

日本は法治国家ですから、様々な法令というものが存在しますよね。
この国の中で快適に生きていくためには法令を守り、守られる必要があります。
悪いことをすれば罰せられる、これが基本ではあるものの、何が悪いかについて知る人は少ないものです。
分かりやすい犯罪であれば簡単ですが、細かい決まりになれば司法書士や弁護士というプロでなければ判断が難しいでしょう。

そのため、専門的な法令の知識が必要になれば司法書士や弁護士を頼ることになります。
彼らはプロですから、素人の知らないルールを様々に理解していますし、解決に導いてくれるでしょう。
ですが司法書士と弁護士ではできる事には違いが存在します。

このサイトでは法令に関わるプロ、司法書士と弁護士についての紹介をしていきましょう。
分かりやすく説明することで、もしも助けが必要になった時の参考になるかもしれません。
似ているようではあっても、全く異なる存在と呼ばれる弁護士と司法書士。
法令に関する問題解決を依頼する事があるかもしれないため、事前に勉強しておきましょう。

簡単に2つの違いを紹介すれば、弁護士は法律業務を全て扱うことが出来る存在です。
しかし、司法書士などは法律で定められた分野・範囲のみを扱う事が可能になっています。
そのため、両者とも法令のプロではあるものの、できることに差があります。

関連リンク

女性の司法書士が対応してくれる東京の事務所/寺西朋美司法書士事務所

交通事故の相談を弁護士にするなら:オーセンス
http://koutsujiko.authense.jp/
刑事事件なら弁護士に相談しよう【森法律事務所】