冷凍車はかなり距離を走らないと冷えません。高速で走れば走るほど冷凍機が強く回転して冷えます。したがって都市部でたくさんの店を配送しないといけない場合が問題になります。次の店までの距離が短い為冷えないわけです。商品を降ろすためには後方の扉を開けないといけません。しかし後方の扉を開けると瞬間的に箱の中の温度が上がります。それから次の店まで距離を走りませんからほとんど冷えることがないわけです。したがって箱の中の温度がかなり高温になります。その結果冷凍物が解凍してしまう可能性があります。この部分は冷凍機の改善が必要な部分です。いかに都市部でも冷える冷凍車を作るかと言うのは課題だと思われます。しかし昔の冷凍車に比べると最近の車は都市部でもかなり冷えるようにはなっています。それでもやはりかなり温度が上がってしまうのが現状です。

冷凍車は新車がよく冷えていいと思われます。

冷凍車に関しては車自体が普通のトラックに比べてかなり割高です。と言うのは冷凍機が付いているからです。しかしだからと言って安易に中古車を買わない方がいいと思われます。あくまで新車を買うのがいいと思われます。と言うのは中古車の場合冷凍機があまり冷えない状態になっている思われるからです。冷凍機と言うのは古くなると冷えなくなるわけです。これは家のエアコンと同じです。家のエアコンは古くなると冷えなくなります。これと同じ現象が冷凍機にも起こるわけです。したがって冷凍車を買うなら新車の方がいいと思われます。冷凍機があまり冷えない中古車を買うなら運ぶものはそれ程低温を必要としないものにしないといけないと思われます。アイスなどのとけやすい物を運ぶなら絶対に新車がいいと思われます。冷凍車は高いのでついつい中古車を買いがちですが、アイスなどを運ぶならやめた方が安全です。

冷凍車の構造と歴史について

冷凍車とは、冷凍された物品を輸送するために冷凍機を搭載して、尚且つ断熱構造の荷台を持つもので特殊用途自動車に分類されます。構造は、車体そのものや装置については通常のトラックとほぼ同じで、違いはトラックの後ろ部分にある架装部分の構造にあります。架装部分は冷却や断熱に関する部分でシステム的には乗用車のクーラーの教化版といえます。冷凍車は1842年ごろにアメリカで開発され始め、それまでは精肉を鉄道で輸送していましたが膨大な時間と品質維持の難しさゆえに多大なコストがかかっていました。それに代わるものとして開発が始まり、鉄道輸送から冷凍車輸送が浸透していきました。ちなみに日本で初め走らせたのが富永シヅという女性です。家業の漁業を陸でも展開できる事業に拡大させ、アメリカの進駐軍からの依頼で開発に着手しました。2年の歳月を経て第一号が完成し、いまの冷凍輸送の基礎ができたと言われています。